最新の記事

「どうぶつの赤ちゃん」〜学びの選択肢が個と協働の学びを支える〜 - 東洋館出版社

「どうぶつの赤ちゃん」〜学びの選択肢が個と協働の学びを支える〜

「どうぶつの赤ちゃん」の授業づくりを紹介します。本教材は、ライオンとしまうまの2つの事例を挙げて、問い対する答えを説明しており、読者が2つの事例を比較しながら読むことを促す仕掛けが工夫された説明文です。今回は、山田秀人先生(宜野湾市立大山小学校)に子どもたち一人ひとりが参加する国語授業を目指すための表現活動の工夫や、子どもが自分で学び方を選択できる手だての具体について、本教材での授業に沿ってご提案いただきました。
「大造じいさんとガン」を私はこう授業する!! - 東洋館出版社

「大造じいさんとガン」を私はこう授業する!!

「大造じいさんとガン」の授業づくりを紹介します。本教材は、人物の見方・考え方の変容を捉えることをねらいとし、また、衝撃的な結末は子どもたちの記憶にもずっと残るであろう、昔から教科書に掲載されている定番教材です。今回は藤田伸一先生(神奈川県・川崎市立土橋小学校)に、細やかな教材分析の内容と、人物の心情に新たな観点から迫るポイントを押さえた授業づくりの具体についてご提案いただきました。
「おにごっこ」-<つながり>から学びを深める低学年の説明文授業-

「おにごっこ」-<つながり>から学びを深める低学年の説明文授業-

「おにごっこ」の授業づくりを紹介します。 子どもたちにとって親しみ深い遊びを題材にすることで、積極的な言語活動を促すことができる本教材。おもしろさを通して、文章の構造や事例の並べ方を理解し、中、高学年へとつながる「文章を見る目」の素地を育てます。 今回は、沼田拓弥先生(東京都・八王子市立第三小学校)に子どもが前のめりになる授業づくりについてご提案いただきました。
「海の命」の授業アイディア 〜FUNからINTERESTの授業づくり〜 - 東洋館出版社

「海の命」の授業アイディア 〜FUNからINTERESTの授業づくり〜

「海の命」の授業づくりを紹介します。本教材は、小学校6年間の最後の物語文であり、語り手が太一の視点に沿って語っていること、比喩や色彩語、擬音語などが豊富に使われる情景描写が多いことも特徴であります。 今回は、溝越勇太先生(日野市立日野第七小学校)に、「初発の感想を書けない」子どもへの指導の工夫をはじめ、子どもたち自身が国語の世界の楽しさを味わえる、そんな授業づくりについてご提案いただきました。
教材の特性と子どもの力をふまえた、系統的な授業デザイン - 東洋館出版社

教材の特性と子どもの力をふまえた、系統的な授業デザイン

「ありの行列」の授業づくりを紹介します。本教材は3年生で学習する最後の説明文で、問いに対して、実験・観察・考察・結果という流れで解決していく、尾括型の構成が分かりやすい文章です。今回は、藤平剛士先生(相模女子大学小学部)に、教材の読み取り授業と言語活動とが分断されない、教材の特性と子どもの力を踏まえた言語活動を設定する、系統的な授業デザインについてご提案いただきました。
教師が教えたいことを、子どもが学びたいことへ

教師が教えたいことを、子どもが学びたいことへ

「スーホの白い馬」の授業づくりを紹介します。本教材は、既習のハッピーエンド型のお話とは違う結末や、中心人物の心情が表れる複合語・繰り返し・比喩などの表現の工夫があるという特徴がある。今回は、髙橋達哉先生(東京学芸大学附属世田谷小学校)に、子どもの「学びたい」「考えてみたい」「話し合ってみたい」という思いを引き出す、効果的な発問を取り入れた授業づくりについてご提案いただきました。
パフォーマンス課題により活性化する学び - 東洋館出版社

パフォーマンス課題により活性化する学び

「和の文化を受けつぐ」の授業づくりを紹介します。 本教材は、伝統的な文化の中でも子どもたちが想起しやすい「和菓子」を題材としており、今回は、「外国人に日本文化を紹介する」という言語活動に向けて説明文の工夫を学ぶ単元構想です。流田賢一先生(大阪市立堀川小学校)には、「パフォーマンス課題」の設定により、目的意識をもって子どもと共に学習を進めることができる実践を提案していただきました。
一人ひとりが思いを語り合い・学び合う平和教材「ヒロシマのうた」

一人ひとりが思いを語り合い・学び合う平和教材「ヒロシマのうた」

安達真理子先生(カリタス小学校)に、平和教材を一人ひとりが自分事として読み、学び合って、そこから自分なりの考えを形成する授業づくりについてご提案いただきました。
「やってみたい」と思わせるしかけをして、考える部分を焦点化しよう - 東洋館出版社

「やってみたい」と思わせるしかけをして、考える部分を焦点化しよう

今回は、比江嶋哲先生(宮崎県・都城市立西小学校)による、本単元のねらいである説明の工夫について読みとることができる授業づくりについてご提案です。
どの子も自分の読みを表現するための手立て

どの子も自分の読みを表現するための手立て

今回は、笠原冬星先生(大阪府・寝屋川市立三井小学校)による、物語の場面をそれぞれ色分けすることで、その違いを表現しながら読み取っていく授業づくりについて、ご提案です。
単元の構成を子どもに選択させる授業づくり - 東洋館出版社

単元の構成を子どもに選択させる授業づくり

本教材はさけの成長が時系列に沿って書かれており、子どもたちも興味をもちやすい説明文です。2年生の子どもたちにも、自ら学びの目的意識をもって学ぶ順番を選択させることで、「個別最適な学び」「協働的な学び」の素地をつくっていきます。
物語の構造をシンプルに捉え、主題へと迫る読みの授業

物語の構造をシンプルに捉え、主題へと迫る読みの授業

今回は、石原厚志先生(立川市立新生小学校)による、物語の構造はシンプルに捉えつつ、「心情の変化」を「ものの見方の深化」として読むことで、主題に迫ることができる読みの授業づくりについて、ご提案です。