ホーム 伝わり方が劇的に変わる!6つの声を意識した声かけ50
伝わり方が劇的に変わる!6つの声を意識した声かけ50 - 東洋館出版社
伝わり方が劇的に変わる!6つの声を意識した声かけ50 - 東洋館出版社
伝わり方が劇的に変わる!6つの声を意識した声かけ50 - 東洋館出版社
伝わり方が劇的に変わる!6つの声を意識した声かけ50 - 東洋館出版社

伝わり方が劇的に変わる!6つの声を意識した声かけ50

タイプ: 書籍
ISBN: 9784491043524

熱海 康太/著

セール価格 1,800(税込)
付与予定ポイントpt
60
人がこの商品を閲覧しています

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
商品説明

あなたはどの声を使っていますか

「分からないことを聞いてくれて、ありがとう!」
分からないことを恥ずかしがらずに、自分から聞くことのできる積極性をもった子どもに育ってほしい……。
そんな思いから、このような声かけをされる方も多くいることでしょう。

では、このとき、どのような声で言っていますか?
大きい声? 小さい声? 高い声? 低い声? 速い声? 遅い声?
自分がどのような声を使っているのかを思い出しながら、「声の使い分け」について考えてみましょう。

声がもつ「イメージ」を意識する

さて、こんなことで悩んでいませんか?

• 同じような声かけなのに、なぜか隣のクラスの先生が言うと効果がある
• 「ここぞ!」と心を込めて放った言葉をだれも覚えていない
• 本に書かれていた声かけを使ってみるも、思うような効果が出ない

実はそれ、子どもに伝わっていない可能性があります!

声には、それ自体に「イメージ」があります。
例えば、教師の基本である大きい声には、楽しさや強さを演出する効果があります。
反対に小さい声には、特別感や親密感を演出する効果があると言えるでしょう。
同じ声をかけるにしても、どのような声を使うかで印象は全く変わってきます。

使い分けたい声の種類は6つ。シンプルな分類ですが、それぞれがもつイメージは大きく異なります。

楽しさ、強さを演出する 大きい声
特別感、親密感を演出する 小さい声
明るさ、軽快さを演出する 高い声
落ち着き、知的さを演出する 低い声
賢さ、熱心さを演出する 速い声
寛容さ、品を演出する 遅い声

これらの声の特長を知り、使い分けることで伝わり方が劇的に変わります!

子どもの心に響かせる声かけ

さて、先ほどの「分からないことを聞いてくれて、ありがとう!」。
この言葉を子どもの心に最も響かせるためにチョイスすべき声は……実は速い声です。
速い声には軽快さを演出する効果もあります。
教師に質問をすることは、教師が思っている以上に子どもにとっては緊張する行為です。
速い声を使うことで、「聞いてくれたことに対して、お礼を言うのは当たり前」という軽快さを表現することができ、「こんなことを聞いてもいいのかな……」と思っている子どもの気持ちをほぐすことができます。
ここで大きい声で言ってしまうと、子どもには「わざとらしい」「恥ずかしい」と思われてしまうかもしれません。
大事なことを伝えようとして声をかけるのに、違った捉え方をされては非常にもったいないと思いませんか?
子どもの気持ちを想像し、寄り添った声を使うことで適切に伝えられるようになります。

これら6つの声の強みを最大限生かせる、印象的な声かけを50例厳選し一冊にまとめました。

「緊張力をもとう」「もったいない」「たまたまでしょ」「今日、帰ったら、最初にお家の人に話なさい」
本書では、このような声かけを使用する声の種類とともに紹介しています。
さて、あなたはこの6つの声かけをどの声でしますか?
ぜひ、本書を片手に、日ごろの声の使い方を改めて意識してみませんか?

6つの声の使い分けで、子どもとクラスの雰囲気が劇的に変わる!