子どもの「学びに向かう力」を支える教師の「動き」と「言葉」

    子どもの「学びに向かう力」を支える教師の「動き」と「言葉」

      ISBN: 9784491035161

      立石 泰之・松尾 剛/著

      1,900(税込)

      著者紹介

      立石 泰之
      福岡県教育センター指導主事
      1972年、福岡県生まれ。東京学芸大学卒業。福岡県公立小学校教諭、広島大学附属小学校教諭を経て、現職。全国国語授業研究会理事
      [2018年5月現在]

      松尾 剛
      福岡教育大学准教授
      1980年、福岡県生まれ。九州大学卒業、九州大学大学院博士課程修了。九州大学助教、福岡教育大学講師を経て、現職。博士(心理学)
      [2018年5月現在]

      目次

      はじめに

      Ⅰ 対談① 子どもたちの「学びに向かう力」を妨げるものとは何か
      失敗したくない子どもたち
      失敗の場面における教師の「動き」と「言葉」
      「教室」の中で共有される「学びに向かう力」
      他者や環境に開かれた「学びに向かう力」

      Ⅱ 「動き」①―見る
      一緒に活動しない
      一斉行動で確認する
      聴写させる
      助言をして離れる
      聴き方を観察・評価する
      言動に成長を見いだす
      コラム 教師が子どもを「見る」ということ

      Ⅲ 「動き」②―指名する
      テンポよく発言させる
      複数を指名する
      「同じです」で終わらせない
      つぶやきを聴く、表情や指先を見る
      少数派から/多数派から発言させる
      コラム 子どもの学習意欲と教師の指名

      Ⅳ 「動き」③―聴く
      「声」を要求する
      発言者から離れる
      発言を分析する
      待つ
      リアクションをする
      コラム 学級の学びの文化と教師の聴き方

      Ⅴ 「言葉」
      目を見て語りかける
      話し方で聴く構えにさせる
      挑発する
      発言者へ問い返す
      全体へ問いかける
      意味付ける
      価値付ける
      方向付ける
      コラム 子どもを育む教師の言葉

      Ⅵ 対談② 子どもたちの「学びに向かう力」を支える教師の「観」
      その場の子どもとの関わりの中で、教師の動きは変化する
      学びに向かわせるために教師が「強制」してもよいのか
      教師は子どもの言葉をどのように聴いているか
      読者に「観」を問いかける

      おわりに

          商品説明

          子どもの「学びに向かう力」を涵養するために,教師は授業中,「どこを見るのか」「どのように指名するのか」「どのように聴くのか」「どのように話すのか」。教師の授業観や子ども観を反映させた指導技術のポイントを具体的に解説する。

          商品の仕様

          • 読者対象: 小学校教員
          • 出版年月: 2018年5月10日
          • ページ数: 192

          Customer Reviews

          Be the first to write a review
          0%
          (0)
          0%
          (0)
          0%
          (0)
          0%
          (0)
          0%
          (0)

          最近閲覧した商品

          ログイン

          パスワードをお忘れですか?

          ー初めてのご利用ですか?ー
          アカウント作成

          }