中学校のための法教育11教材

    中学校のための法教育11教材

      ISBN: 9784491035826

      日本弁護士連合会市民のための法教育委員会/編著

      2,800(税込)

      著者紹介

      日本弁護士連合会市民のための法教育委員会
      [2018年9月現在]

      目次

      刊行にあたって

      中学校における法教育の意義と進め方

      この教材集の構成について

      中学校のための法教育教材
      [契約と交渉]
      1 契約をする・契約を守る~契約のしくみと重要性を具体例から学ぶ~
      [正しくない契約]
      2 契約は,いつでも守らなければならないの?~契約の拘束力とその例外~
      [他者への責任]
      3 私が加害者!?~他人の権利・利益を害してしまったら~
      [模擬調停]
      4 ボールの奪い合いが始まった!?~もめごとを解決するために第三者を交えて話し合いをする(民事調停)~
      [リーダーの民主的統制]
      5 ソレイユ国物語~権力の正当性とそのコントロール~
      [ルールの形成]
      6 本町夏祭り 出店のルールを考えよう!~ルールを作り,評価する~
      [多数決の意義と限界]
      7 みんなのことの決め方は?~みんなで決めるべきこと,決めてはならないこと(民主主義と立憲主義)~
      [公平な配分]
      8 どうすれば公平に分けられる?~利益や負担の公平な分け方(配分的正義)~
      [過ちの正し方]
      9 盗み食いしたら罰金10万円! これって正しいの?~不正や損害に対して公正な対応をする(匡正的正義)~
      [ものごとの決定手続]
      10 オリンピック代表選手は誰だ?~公正な手続によってものごとを決める(手続的正義)~
      [模擬裁判]
      11 裁判を経験してみよう!~刑事裁判手続を通して,論理的思考,問題解決能力を学ぶ~

        • 本日発送 Feb 22, 2024 09:00:00 +0900 以内に注文する

        商品説明

        他者を大切にする子どもを育てるために,日弁連の弁護士たちがつくった法教育の教材集。「契約と交渉」「模擬調停」「多数決の意義と限界」「ものごとの決定手続」「模擬裁判」など11のテーマをもとに,中学校で法教育の授業を行うことができる。

        商品の仕様

        • 読者対象: 中学校教員
        • 出版年月: 2018年8月31日
        • ページ数: 188

        最近閲覧した商品

        ログイン

        パスワードをお忘れですか?

        ー初めてのご利用ですか?ー
        アカウント作成

        }