グループワーク型 ケース検討会ハンドブック

    グループワーク型 ケース検討会ハンドブック

      ISBN: 9784491049403

      宮口 幸治/著

      2,000(税込)

          商品説明

          「ケース検討会」を、活発で有意義なものへ変革する

          本書の概要

          シリーズ累計150万部を突破した『ケーキの切れない非行少年たち』の著者が「ケース検討会」をより活発に、効果的にするコツを伝授します。

          ケース検討会に起こりがちな課題を解決する

          ・事例提供者の話が長くなってしまう
          ・参加者から意見がほとんどでない
          ・事例提供者をつるし上げるような場になる
          ・外部の専門家(コンサルタント)の講義のような状況になる
          ・事例対象者ではなく、支援者の困っていることに焦点が向く

          マンガでみてわかる! ケース検討会

          ・ケース検討会の流れをマンガでわかりやすく解説しています。
          ・事例提供のポイントや参加者の質問、助言のコツも紹介しています。
          ・ケースをどのように理解し、解決策を考えていくのかが分かります。

          本書を読んで得られること

          ・手軽に、気軽に、楽しいケース検討会ができる
          ・スーパーバイザーや専門知識をもった助言者不在でもできる
          ・参加者の中にあるリソースを利用し、参加者の力を引き出せる
          ・明日から使える、より具体的な支援方法が得られる
          ・さまざまな職種のケース検討会にも使える
          (学校関係、医療関係、福祉 関係、司法関係など)

          より深く理解するための医学的知識・支援方法も紹介

          ・知っておきたい心の病気(心身症)
          ・知っておきたい心の病気(精神疾患や情緒の障害)
          ・知っておきたい心の病気(摂食障害・解離性障害など)
          ・明日から使える具体的支援(心理社会面の支援)
          ・明日から使える具体的支援(学習面の支援)

          こんな人におすすめ

          ・クラスにいる気になる子の支援で困っている先生
          ・ケース検討会に事例提供者などで参加する先生や支援者
          ・これからケース検討会を開催する先生や支援者

          商品の仕様

          • 読者対象: 小学校教員・中学校教員・高等学校教員・特別支援教育担当教員
          • 出版年月: 2022年12月27日
          • ページ数: 112

          Customer Reviews

          Based on 3 reviews
          67%
          (2)
          33%
          (1)
          0%
          (0)
          0%
          (0)
          0%
          (0)
          智英 本間

          グループワーク型 ケース検討会ハンドブック

          里佳 高橋

          グループワーク型 ケース検討会ハンドブック

          匿名
          ケース検討会の実際が分かる一冊

          様々な生徒と家庭が増えて対応が難しくなる中、ケース検討会の実際の運営の仕方がすっきりと分かる心強い一冊です。まだ、検討会を開いたことがない人でも十分イメージできます。

          当ショップでのご購入ありがとうございます。
          本書がお役に立てば幸いです!

          最近閲覧した商品

          ログイン

          パスワードをお忘れですか?

          ー初めてのご利用ですか?ー
          アカウント作成

          }