はじめての理科専科

    はじめての理科専科

      ISBN: 9784491051192

      大﨑 雄平/著

      2,000(税込)

      著者紹介

      大﨑雄平
      1989年生まれ。京都教育大学理科領域専攻を卒業後、京都市にて小学校教諭として勤務。EDUBASE CREW(理科部長)、Microsoft認定教育イノベーター、京都理科研究会、日本初等理科教育研究会会員。担任だけでなく、理科の教科担当や理科専科の経験をもつ。小学校のほかに、京都市青少年科学センターでの勤務も経験。科学センター勤務時には、小学校理科に関わる教員研修の講師を数多く担当。
      SNSでは理科授業に役立つ情報を発信している(@mogurin_rika)。小学校、中学校、高等学校、大学の教員や理科支援員、大学生などで構成されるLINEオープンチャット【小学校理科の部屋】の管理人も務め、2023年4月現在、参加者は370名を越える。
      理科の教材開発にも注力し、第7回全小理教材開発コンテスト ケニス賞、ウチダ教材開発コンテスト(2021)奨励賞を受賞。

      目次

      はじめに
      プロローグ

      chapter1 理科授業の準備を始めよう
      1 理科専科になったらすべきこと7選
      2 ノートかワークシートか
      3 消耗品の発注は来年度を見越す
      4 実験キットはフル活用
      5 植物単元はとにかく早めの対応を!
      6 授業準備の流れ

      chapter2 問題解決の流れを実践すると見えてくる悩み
      1 理科の基本的な授業の流れ
      2 【問題の見いだし】問題づくりは実証可能なものを
      3 【予想の設定】根拠をもたせよう
      4 【検証計画の立案と結果の見通し】解決方法の発想は段階を経て
      5 【結果と考察】結果と考察の区別をどう指導する?
      6 【結論と振り返り】考察と結論がほとんど同じになる時は?+振り返りの視点

      column1 問題解決的な学習を知るための参考資料

      chapter3 全学年で使える厳選テクニック
      1 安全指導はこれで決まり!
      2 簡単! 導入のひと工夫

      column2 理科室の座席配置

      chapter4 各学年のあるあるお悩み相談 Q&A
      3年 ①観察カードの書き方はどう指導する?
      ②校内に昆虫がいない!
      ③天気に左右される単元はどうする?
      ④結果から考察につなげるには?-ICT端末の活用
      ⑤スパンコールが動かない!ー音の性質
      4年 ①アルコールランプの指導はまだ必要?
      ②校庭の土と砂場の砂に違いがない!?
      ③月の観察時間が取れない!
      ④空気、水、金属の体積変化の違いに気付かせるには?
      ⑤水はくるくる回りながら温まりますよね?
      ⑥空気の温まり方を捉えやすくするコツは?
      ⑦水がなかなか凍らない!
      5年 ①インゲンマメが育たない!
      ②大ピンチ!メダカが卵を産まない時はどうする?
      ③流水実験は屋外? 屋内?
      ④ミョウバンがなかなか溶けない!
      ⑤ミョウバン結晶はどう作る?
      6年 ①線香の煙の動きが分かりづらい!
      ②薬品を扱うことが不安……
      ③炭酸水に蒸発跡!? 食塩水がアルカリ性!?
      ④月と太陽の指導は難しい!
      ⑤地層の堆積実験は時間がかかる!
      ⑥ホウセンカが枯れないか心配……

      コラム3 その他のお悩みQ&A

      chapter5 理科が苦手な人必見!おすすめアプリ&サイト集
      1 Stellarium mobile―スターマップ
      2 Google レンズ
      3 月の満ち欠けAR+Jr
      4 教育出版「わくわくサイエンス」学校図書「観点別評価問題例」
      5 NHK for school「ものすごい図鑑」
      九州大学 「3D生物標本」
      京都教育大学「生物観察支援システム1」
      6 お茶の水女子大学「理科教材データベース」
      7 京都市青少年科学センター「理科オンライン事典」

      column4 実験動画は悪なのか?
      column5 ICT活用を次のフェーズへ

      chapter6 子どもが輝く夏になる! 自由研究の指導のコツ
      1 そもそも自由研究の意味とは
      2 学校でできる支援
      3 完成度の高い自由研究に仕上げるには?

      Column6 Teamsを用いた理科専科のプラットフォーム

      chapter7 安全で使いやすい理科室づくり
      1 薬品庫を整理しよう
      2 薬品台帳とは
      3 準備室を整理する方法

      付録 子どもが夢中になる! 理科ネタ9選
        
      授業①声で動く「くるくるへび」3年
      ②水風船で体積変化 4年
      ③温めると復活するソフトバレーボール 4年
      ④ミョウバン結晶の模型作り 5年
      ⑤青色スティックのりの色変化 6年
      ⑥白熱電球とLED 6年
      科学クラブ
      ①サーモインクで不思議なコースター作り
      ②やっぱり大人気! 空気砲作り
      ③夢が叶う!? シャボン玉に入ろう

      おわりに

          商品説明

          「理科専科」なのに、実は理科が苦手…そんな先生におすすめ!

          本書の概要

          理科は他教科に比べて専科率が高い教科ですが、教科担任制の導入に伴い、その比率は年々増えてきています。理科専科は「理科が得意な先生」ばかりなのでしょうか? 答えはNO!理科専科の先生の多くが、様々な事情によって「理科が苦手なのに理科を教えている先生」なのです。そんな先生方に贈る理科専科のコツ、授業に役立つテクニックやよくあるお悩みの解決策、おすすめアプリや理科ネタなどをたっぷり盛り込んだ一冊。理科専科でなくても、理科が苦手なすべての先生に役立つ情報が満載です。

          本書からわかること

          理科専科が気を付けるべきポイントとは?

          本書では、理科専科になったら絶対に押さえておきたいポイントや、自然条件や内容に応じた一年間の単元計画の立て方、授業を円滑に進めるためのテクニックを紹介しています。
          理科は自然を相手としているため、季節などの影響を大きく受けます。専科は特に、簡単に予定を入れ替えることができないので、あらかじめ時間割を計画的に組んだり、一年間の見通しを立てておいたりすることが大切です。担任と連携を図りながら、あえて理科専科が主導権を握って動くことも必要です。また、消耗品を計画的に発注する必要もあるので、理科室や準備室経営も理科専科の重要な役割です。

          理科授業のよくあるお悩みはこうやって乗り越えよう!

          理科では、実験で陥りやすい失敗やよくあるお悩みというものがあります。例えば、「天気に左右される単元はどうする?」「校庭の土と砂場の砂に違いがない!?」「インゲンマメが育たない!」「線香の煙の動きが分かりづらい!」など、本書では28のQ&Aを取り上げています。これは理科専科に限らず、多くの先生にとって役立つこと間違いなしの情報です。
          さらに、実験動画を24本アップしているので、二次元コードからぜひご覧ください。

          「問題解決」をいざ実践してみると……

          小学校理科の根幹とも言える「問題解決」ですが、いざ実践してみると見えてくる悩みもあります。当然ながら、教師の想定外の発言も出てくるので、子どもの思考を尊重しながら学びの充実を図るためには、時には子どもに委ね、時には教師が提示するというような軽重を付けた授業デザインが求められます。本書では、その見極めのポイントも紹介しています。これも理科専科に限らず、理科授業を行うすべての先生に必見の内容と言えるでしょう。

          専科だからこそできること

          専科になった先生の中には、担任をもたないことを寂しく感じている方もいるかもしれません。本書の著者であるちゃき先生(@mogurin_rika)こと大﨑先生も、理科専科を言い渡された際にはショックを受けたと語っています。小学校では「担任」という存在がやはり大きいと言えるでしょう。実際、担任が担っている仕事は多岐にわたり、やりがいも大きいですが、すべてを請け負うのはもはや限界がきていると言えます。
          専科の役割は、まずは授業をきちんと成立させること、さらに担任やほかの教員を支える存在になることです。専科だからこそのやりがいやメリットがたくさんあります。

          商品の仕様

          • 読者対象: 小学校教員
          • 出版年月: 2023年5月30日
          • ページ数: 164

          Customer Reviews

          Based on 2 reviews
          50%
          (1)
          50%
          (1)
          0%
          (0)
          0%
          (0)
          0%
          (0)
          わもり
          理科専科必須

          理科専科以外でも、理科を教える先生にとっては1度読む価値はあります。特に若手の先生は理科の授業準備などについても知れるので読んでみるといいかもしれません。

          比呂
          理科を教える全ての人へ

          ページ数以上のボリューム感!理科の授業について、基本から教えてくれる一冊です。大崎先生の実践の深さに圧倒されました。
          専科の先生との関わり方という視点でも、勉強になりました!

          当ショップでのご購入ありがとうございます。
          本書がお役に立てば幸いです!

          最近閲覧した商品

          ログイン

          パスワードをお忘れですか?

          ー初めてのご利用ですか?ー
          アカウント作成

          }