ホーム 子どもと共に本気で考える! 小学校 5つの「発問」でつくる道徳授業
子どもと共に本気で考える! 小学校 5つの「発問」でつくる道徳授業 - 東洋館出版社
子どもと共に本気で考える! 小学校 5つの「発問」でつくる道徳授業 - 東洋館出版社
New

子どもと共に本気で考える! 小学校 5つの「発問」でつくる道徳授業

ISBN: 9784491054452

中村 優輝/著

セール価格 1,900(税込)
付与予定ポイントpt
60
人がこの商品を閲覧しています

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
商品説明
教師の発問次第で、授業がグンと進み出す、もっとおもしろくなる!
定番教材14本の授業づくりを提案!

本書の概要

子どもが自分事として本気で悩んで考える、5つの発問とは?
丁寧な教材分析と、授業の流れが一目で分かる具体的な展開例で、定番教材14本の授業づくりを提案。教材をBefore→Afterで分析したイラスト図解で分かりやすい!

本書では、前著に基づいた内容項目の考え方をベースに、「道徳科の発問」について記しています。実践部分では、該当する内容項目の解説や14の定番教材の活用のポイント・発問例、そして導入から終末までの実際の授業の流れを2パターン紹介し、子どもと共に本気で考える道徳授業を提案しています。

本書からわかること

「素直っていいこと?」「正直に生きるってどういうこと?」
大人でも迷う発問に、子どもと共に本気で考えたい―

道徳科の授業づくりにおいて、教師の「発問」が大切なことは分かるけれど、どうやって「発問」を考えればいいのか悩む先生方も多いのではないでしょうか。本書では、著者がこれまで感覚的に考えていた「発問」を言語化し、それぞれの「発問」ごとに使う場面やポイント、授業の中での使い方を丁寧に解説しています。

①直球発問
②問い返し発問
③教材理解を促す発問
④中心発問
⑤教材を自分事として捉え、道徳的価値に迫る発問

これらの5つの「発問」をつなげて、目の前の子どもの発言やつぶやきから授業をつくることを目指します。

第3章では、内容項目の系統的な解説や指導のポイントをはじめ、教材をBefore→Afterで分析したイラスト図解を定番教材14本分収録しています。さらに、導入から終末までの具体的な発問例を授業の流れに沿って提案しています。

こんなひとにおすすめ

・道徳科の授業づくりを学びたい先生方
・道徳科の「発問」づくりに興味のある先生方
・道徳科の授業づくりに悩んでいる先生方