ホーム 月刊 特別支援教育研究2023年8月号
月刊 特別支援教育研究2023年8月号 - 東洋館出版社
月刊 特別支援教育研究2023年8月号 - 東洋館出版社
月刊 特別支援教育研究2023年8月号 - 東洋館出版社
月刊 特別支援教育研究2023年8月号 - 東洋館出版社

月刊 特別支援教育研究2023年8月号

ISBN: 4910068370839

全日本特別支援教育研究連盟/編

セール価格 836(税込)
付与予定ポイントpt
60
人がこの商品を閲覧しています

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
商品説明

本書の概要

基礎・基本から最先端の取り組みまで授業づくりについて幅広く理解することができ、日々の授業はもちろん、年間指導計画の作成にも役立つ内容となっています。学習指導要領や各種通知などのタイムリーな話題も、実践レベルで解説!教職員必携の雑誌です。

特集

個別の指導計画の効果的活用
~指導・支援の個別最適化と連携・協働のために~

児童生徒一人一人の教育的ニーズに応じた適切な教育を行う特別支援教育においては、個別の教育支援計画及び個別の指導計画はその道標となる大切な計画です。今回の学習指導要領では、小・中学校の特別支援学級に在籍する児童生徒及び通級による指導を受ける児童生徒は全員について作成することとし、通常の学級に在籍し通級による指導を受けていない障害のある児童生徒などの指導に当たっても、個別の教育支援計画及び個別の指導計画を作成し、活用に努めることとされています。

個別の指導計画は、個々の児童の実態に応じて適切な指導を行うために学校で作成されるものであり、教育課程を具体化し、障害のある児童など一人一人の指導目標、指導内容及び指導方法を明確にして、きめ細かに指導するために作成するものです。個別の指導計画の作成については、特別支援学校はもとより小・中学校(特に特別支援学級や通級による指導)においても、その様式や手順等を各学校で工夫・改善を重ねながら取組が進められてきていると思われます。一方、その効果的な活用については課題も多く、試行錯誤が続いている学校現場も少なくないのではないでしょうか。

対象となる児童生徒が増加し、困難さや教育的ニーズも多様化する中で、一人一人に応じた適切な指導を行うために、個別の指導計画の役割は一層重要となっていますが、次のような課題が挙げられます。

・日々の教育活動とどのようにつなげ、「個別最適な学び」を実現するのか
・学校としての組織的な作成・活用システムの在り方
・計画の効果的かつ効率的な作成・改善システムの構築(ICTの活用など)
・関係機関や家庭との協働・連携への生かし方

本特集では、こうした課題について、論説により基本的な考え方や目指す方向性を示すとともに、先行的な実践を取り上げ、多様な取組状況にある学校現場の課題解決を促し、児童生徒への適切な指導・支援への一助としたいと思います。